フラット35を民間ローンと比較すると?

住宅金融支援機構と民間金融機関の提携によって長期固定金利が可能となった、フラット35。

ここではフラット35と民間住宅ローンとを比較しながら、そのメリット・デメリットについて考えてみたいと思います。
まずメリットですが、フラット35は一般的に雇用形態などの制限がないため、審査が緩めということに加え、保証料も不要で借りやすいことがあります。
また、長期固定金利としては民間の住宅ローン商品と比較しても金利が低めなのもメリットでしょう。
一方民間ローンでは、変動金利がかなり低めの設定なので、返済し終わるまで金利上昇幅が少なければフラット35とくらべてかなり返済額が低く抑えられます。
デメリットとしては、フラット35は団信が任意なので、必要なら別途支払いが生じるということがあります。
一方民間ローン特に変動金利は、将来金利上昇のリスクがあり、ライフプラン通りにいかない場合も考えなくてはいけないところはデメリットでしょう。