住宅ローンの金利は安いほうが良い?

住宅ローンは長く返済するローンですから、返済負担を減らすためにも利息の安いローンを利用しましょう。
金利は固定が主流ですが、変動を選択することもできます。
固定はずっと一定ですが、変動は景気によって変わります。
固定が良いときと変動が良いときがあります。
自分の判断で固定にしたり、変動にしたりできます。
景気の影響で変動のほうが良いこともあります。
変動が良いとき、固定は悪くなります。
変動の利息が安いとき、固定は利息が多くなるということです。
どちらを選択するかは個人の判断になります。
住宅ローンの場合は長期固定金利が多いと思います。
業者によっても、金利が変わります。
消費者金融か銀行かでも変わってきます。
消費者金融か銀行かで、審査の難度も変わってきます。
消費者金融の審査は、銀行ほど厳しくありません。
銀行の住宅ローンの審査はとても細かいと思います。
消費者金融とは比べ物になりません。
物件によってはローンを組めないです。