黄水晶シトリン

シトリンは日本では「黄水晶」と呼ばれる石で、この黄色は3つのものが影響しています。
1つ目は鉄分です。
2つ目は放射線で構造が歪むことです。
3つ目は加熱です。
この石の語源は「シトエン」という柑橘類の果実の色です。
中性ヨーロッパでは「トパーズ」と呼ばれて上流階級の人々に愛されました。
石の性質としては、傷はつきにくいですが、太陽光には弱いです。
一般の製品では、ヒビや傷を見えにくくするために樹脂加工がされています。
産地はブラジル・インド・チリ・ローデシア・ベトナムなどで、特にブラジル産のものは、非常に希少で最高品質のものです。
また、シトリンはパワーストーンとしても人気があります。
効果としては、古くから「商売繁盛」や「富」をもたらす幸運の石とされていました。
また、「太陽のエネルギー」を持ち、溌剌とした積極性を育み、持ち主に希望や勇気を与えます。
さらに心身の健康を促し、癒しや精神を落ち着かせる効果もあります。
http://xn--xck8a6fnb5706am2p.com/